しつこいようですが、ケミカルーピーリングについては知っていますか?

ケミカルピーリングとは何なんでしょうか?

それは、化学薬品を皮膚に塗って、少し溶かしてそれで起きる症状を利用して行う治療のことをいいます。

ケミカルピーリングってあんまり聞かなかったんですが、ある時耳にして調べてみたら意外と億が深かったんですね。

グリコール酸や乳酸、リンゴ酸などのアフファヒドロキシ酸、サリチル酸ベータヒドロキシ酸。いろいろあるのですが、あまりどれも聞いたことはないですね。

時期に一つ一つどういった効果があるのか調べていきたいと考えていますので、暫くお待ち下さいね。

これはどれもが同じような方法を使うということではなくて、それぞれの薬剤の種類や濃度、あてがう時間によって効果に差が出てくる感じなんですね。

また、大賞の皮膚の状態やタイプニモさがありますので、それに適した方法で行っていくんです。

主に顔が中心的だと思っていたのですが、顔だけじゃなくって背中とか腕、ヒップそしてバスト、いろいろボディの対象範囲は広いんですね。
お医者さんともなると範囲は広がって、高濃度なものや先生度の高い薬剤も使うことができます。そして効果的で安全ということから、不安になることもないでしょう。

 

では実際にケミカルピーリングはどういったことに効果があるのでしょう?

 

ケミカルピーリングガイドラインと言うものが日本皮膚科学会というところから出ていまして、それには、ニキビやシミ、小じわののみっついにおいて、治療の選択肢としてケミカルピーリングなんてのがるよ、とおすすめされているわけなんですね。

 

 

kろえらはどれにしてもグリコール酸とサリチル酸を使います。サリチル酸はマクロゴール基剤とも書かれています。

一般的な方法としてグリコール酸によるケミカルピーリングなんてのがあるのですが、詳しくは、以下のものがピックアップされています。

・角層のセラミドが増えて、ヒアルロン酸の生産が盛んになって肌の水分保持力を高めるとされています。

・毛穴に詰まった皮脂を取り除いたりして、開いた毛穴入り口の過角化をなくしていって、毛穴を乳目てしまうなんてことも。

活動性のニキビや、新し目のに規模W治すともされています。

・角質細胞の結合を緩めることによって、シミやくすみをよくします。ようあhターンオーバーを促すということ。

・メラノサイトによるメラニンの生成を抑えます。

・コラーゲン繊維、エラスチンなどの真皮成分の背賛成を促進。これによって、真皮、特に表皮直下のものを再構築させて、結果的に肌に貼りが出てくるようになるとされています。

 

個人的にはこれだけの効果が見込めるのであればすぐにでもやってしまいたいなんて考えているのですが、実際はそのへんはどうなのでしょうね。